Home

消費者金融で過払いってあるの?

昔から消費者金融は存在していました。
急な出費の場合であってもすぐに融資をしてくれるので、それを利用している人は大勢いました。
そんな消費者金融ですが、その金利は昔は最高で29.2%となっていました。
それが現在は最高でも20%となっています。
それ以上でお金を貸す事は、法律で認められていません。

ただ、2010年までは違っていました。
実は、お金を借りる時には2つの法律が関係していたのです。
一つは利息制限法、そしてもう一つは出資法です。
どちらも同じ金利(上限)でお金を貸すようにと定めていてくれればよかったのですが、残念ながら違っていました。
それぞれで定められていた金利の上限が異なっていたのです。
従って、消費者金融の側としても、出資法で定められている上限、29.2%で貸す状態でした。

さて、この利息制限法と出資法の金利の差、これがグレーゾーン金利というものです。
消費者金融では、このグレーゾーン金利の中で金利設定をしているところが多くあり、2010年まではその間の金利でお金を貸すという状態になっていました。
ですが、出資法が改正されたため、現在は20%が上限という事になったのです。

このグレーゾーン金利ですが、利用者の側としては、払い過ぎの状態になるものです。
その金融機関の側に払い過ぎてるお金の事を、過払い金と言います。
また、その状態を過払いと呼びます。

現在、消費者金融などに対して過払い金がある場合は、それの返還請求をする事ができるようになっています。
自分でも行う事はできますが、弁護士や司法書士に相談して代わりに金融機関の側と交渉してもらうのも、一つの方法です。
また、この過払い金請求ですが、現時点で消費者金融との取引がある人だけが利用できるものというわけではありません。
実は、消費者金融との取引が終了していても、10年さかのぼって請求する事ができるので、もしかしたら過払い金があったかもしれないと思った人は、まず一度弁護士や司法書士に相談してみると、過払い金の有無などがよくわかります。