Home

過払請求について

消費者金融などを利用する時の金利の上限が変わり、以前はグレーゾーン金利として取り扱われていた範囲の分が、過払い金という扱いになりました。
さて、この過払い金ですが、既に金融機関側に支払ってしまっている場合も多々ありますが、利用者の側としては「払い過ぎ」の状態になるので別にこの金額を払う必要はそもそもありません。
また、実際にそれがある場合はそれの返還を求める手続きをすれば、払い過ぎたお金が戻ってくる事があります。
(その請求は、過去の支払いにも適用する事ができます。その期間は10年間です)
では、その過払請求は、一体どのように行えばいいのでしょうか。

過払い金の返還請求には、2種類の方法があります。
一つは自分で行うという方法です。
この請求手続きですが、別に専門家に依頼しなければ絶対にできないというわけではありません。
自分で必要な書類などを用意すれば、それを行う事はできます。
ただ、自分で手続きをすると、弁護士や司法書士に依頼する時の手数料は必要なくなりますが、自分ですべての交渉などを行わなければならないので、それらに対応する事ができる専門的な知識が必要となるのです。
その為、知識がない状態で自分請求を行おうとすると、金融機関側に押し切られてしまう可能性もあるので注意するほうが無難です。

も一つは、専門家に依頼する方法です。
この場合の専門家とは、弁護士や司法書士になります。
ただ、依頼する場合は、どうしても費用が必要となるのですが、このような案件のプロなので、金融機関側に押し切られるという事はありません。
また、依頼する側は別に専門的な知識も必要とせず、すべて弁護士や司法書士にお任せというスタンスで全てが終了する形です。

また、依頼の時の費用に関しては、弁護士に比べると司法書士の方が安価です。
ただ、司法書士は裁判になった場合、140万円を超える案件を取り扱う事ができないので、そういう場合は自ずと弁護新相談するという事になります。