Home

ローンと消費者金融について

お金がどうしても必要な場合、自分の預貯金ではその分を用意できないとか、急にまとまったお金が必要な場合、家を買う時などはお金を借りる必要が出てきます。
お金を借りる場合、消費者金融で借りたり、あとはローンを利用したりします。
では、このローンとか消費者金融というのは一体どういう違いがあるのでしょうか。

ローンも消費者金融も、「お金を借りる」という点では同じ事です。
ローンとは、英語ではLOAN、つまり貸し付けの事を言います。
よく見聞きするのは、「住宅ローン」「マイカーローン」「学資ローン」などです。
これらは目的別ローンと言われ、その目的のみでお金を使う事ができるようになっています。
従って、例えば住宅ローンで借りたお金を、生活費として使うという事はできません。
また、申し込みをしてからすぐに融資を受けられるわけではありません。
大体は申し込みをしてから審査、融資決定までは数日は必要となります。
その為、目的別ローンを利用しようとする時は、ある程度余裕を持って利用する必要があります。

消費者金融は、お金を貸してくれる金融機関の一つの事です。
昔はサラ金とも呼ばれていましたが、現在では消費者金融と呼ばれています。
(ちなみに、街金と呼ばれる事もあります)
以前はサラリーマン対象と言う感じだったのですが、現在は主婦なども使うようになったので、消費者金融と呼ばれるようになりました。
サラリーマン限定というわけではないからです。
また、これに関してはスピード融資・審査を売りにしている場合が多く、大体は申し込みをしたその日、もしくは翌日に融資してもらえます。
急な出費がある場合でも、早い時点でお金を借りる事ができるので便利です。

ローンに関しても、消費者金融に関しても、金利分を払ってお金を借りる事になります。
急な出費があったり、どうしても自分では用意できないような金額の場合であっても、審査に通ればこれらの場合はお金を貸してくれる便利な方法です。
ただ、便利だからと言って使い過ぎるのではなく、自分の身の丈に合った金額を借り入れる、借りすぎないようにするというのが重要なポイントとなります。