Home

消費者金融と総量規制の関係

貸金業法が改正され、それと同時に総量規制というのが定められました。
これは、借金をする場合、原則的には年収の3分の1までしか借りる事ができないというものです。
しかも、一つの金融機関から借りられるのが年収の3分の1までではなく、借入の合計がその金額までという事になっています。
つまり、年収600万円の人が、金融機関からお金を借りる場合、A社から100万円、B社からも50万円、C社から30万円とかりていたら、D社からは多くても20万円までしか借りる事ができなくなってしまうのです。

ただ、これには例外があります。
例えば住宅ローンの場合です。
この場合、年収の3分の1までではなく、もっと沢山のお金を借りる事ができます。
実際に、住宅ローンの場合、年収600万円程度であっても、3000万円、4000万円という感じでまとまったお金を借りている人は大勢います。
では、どうしてこのように年収の3分の1以上を借りる事ができるのでしょうか。
これは、住宅ローンなどを取り扱っている金融機関が銀行などだからです。
総量規制は、貸金業法の下定められたものなので、銀行法で管理されている銀行には影響しません。

消費者金融の場合はどうでしょうか。
実は、これに関しては様々、という事になります。
貸金業法で管理されている場合は、この総量規制の影響を受けます。
従って、そこで借りる場合は年収の3分の1までしか借りる事はできません。

ただ、消費者金融でも銀行系になると別です。
この場合、貸金業法ではなく銀行法によって管理される事になるので、総量規制は何も関係ない事になります。
従って、そういうところを利用すれば、別に年収の3分の1以上だって借り入れる事はできるのです。

とはいえ、借りすぎは結局のところ返済が大変になってしまいます。
どこで借りるのか、またどれだけ借りるのかをはっきりとさせ、消費者金融などを利用する時は自分の返済能力で返済できるくらいのお金を借りるようにするのが重要です。