Home

主婦と総量規制

消費者金融は、以前はサラ金と言われていました。
これはサラリーマン金融の略です。
ターゲットがサラリーマンだったので、そう呼ばれていました。
ですが、現在、お金を借りるのはサラリーマンだけではありません。
主婦だってお金が必要なときがあり、また、学生だってお金が必要な時があります。

そこで、サラ金は、現在消費者金融と言われるようになりました。
消費者が利用する金融機関だからです。

さて、この消費者金融ですが、以前はどういう人であっても返済ができる状態であればある程度借りる事ができました。
例えば、それは無職の専業主婦もです。
夫に収入があれば、夫の収入から借金の返済をする事が出来たからです。
しかも、夫に知られる事無くお金を借りる事ができる時代もありました。
ただ、これは現時点では過去の話となっています。

現在、総量規制により、年収の3分の1以上のお金を借りる事ができなくなりました。
では、年収がない専業主婦はどうなるのでしょうか。
実は、原則的にはお金を借りる事ができなくなっています。
ただ、これには実は例外があります。
それは、配偶者の同意書などがあれば借りられるという事です。
勿論、配偶者と自分の借金の合計が配偶者の年収の3分の1以上になる金額を借りる事はできません。
また、昔は夫に秘密でお金を借りて、なんていう事ができましたが、現在はそれはできないようになっています。
専業主婦が消費者金融を利用しようとする場合は、自分の身分証明以外にも、夫の同意書、収入証明などを用意する必要があるのです。
これは、その消費者金融によって違うので、自分が利用しようとしているところでは何を用意しなければならないかを調べる必要があります。

ちなみに、主婦でも、仕事をしている人は話は別です。
収入がある為、それが正社員ではなくてパートやアルバイトだったとしても、毎月一定の収入を得ているなら、年収の3分の1までは借りる事ができます。
勿論、この場合は配偶者の許可なくお金を借りる事が可能です。